ポイ活でのクレジットカードの作りすぎは危険?影響を検証してみた

 

クレジットカード、作りすぎても大丈夫!?審査への影響を検証

 

ポイ活でのクレジットカードの作りすぎには注意が必要な場合も

最近では、「ポイ活」という言葉が結構メディアでも紹介されています。

 

「ポイ活」とは、ポイントサイトでポイントを稼いでお小遣いをゲットするための活動のことですが、そんなポイ活でも注目されているのがクレジットカード作る案件です。

 

ポイントサイトでクレジットカードを作だけで、1件につき多い時には10,000円程の報酬が貰えたりするため、手っ取り早くお小遣いを稼ぐことが出来ます。

 

そんなこともあり、ポイ活をしている人なら多くの方がクレジットカードを作る案件をやってみようかと思う方は多いと思うのですが、ここで気になるのが「クレジットカードを作りすぎても大丈夫なのか」ということ。

 

結論からお話すると、クレジットカードを作りすぎたからといって、クレジットカードの審査に通りにくくなったり、住宅ローンの審査に通りにくくなったりといったことはほぼ無いという検証結果でしたが、検証結果を詳しくお話をしていきます。

 

クレジットカードを作りすぎて考えられる影響

クレジットカードを作りすぎてしまって主に影響がありそうなのは、以下の2つが考えられます。

 

クレジットカードの審査が通りにくくなる
住宅ローンの審査が通りにくくなる

 

ポイ活で一時的に高額な報酬が貰えるのは嬉しいですが、クレジットカードの審査や住宅ローンの審査に影響が出てしまってはさすがに困ってしまいます。

 

そこで、この2つについて影響がどの程度なのかを検証していきました。

検証

影響を検証してみた_検証

 

日本クレジット協会に聞いてみた

まずは、クレジットカードのことでは、信頼できる回答が貰えると思われる一般社団法人 日本クレジット協会にクレジットカードの作りすぎと審査に対する影響について問い合わせてみました。

 

現在、クレジットカード入会時の特典が欲しく契約したクレジットカードが5、6枚あります。

クレジットカードを多数持っていると今後契約するクレジットカードの審査に通らないといったようなことはあるのでしょうか?
あとは、住宅ローンなどの借入時の審査などに影響することはあるのでしょうか?

審査基準はクレジット会社の審査基準に則り実施されるため、クレジットカードの所有枚数がクレジットカードの審査に影響を及ぼすかは不明です。
なお、クレジット会社は審査時に信用情報機関に問い合わせをするので、例えば、支払い料金の滞納があった場合や借入額がある場合は、審査に影響が出る可能性があります。
住宅ローンについても信用情報機関に問い合わせしますが、クレジットカードの保有枚数の審査への影響は先ほどと同様不明です。

 

問い合わせ結果は…

 

クレジットカードの審査も住宅ローンの審査もクレジットカードの保有枚数が審査に影響するかは不明といった回答でした。

 

というのも、クレジットカードや住宅ローンの審査基準は、会社毎に違っており、その審査基準は会社内でも極一部の人にしか知らされていないようです。

 

そのため、日本クレジット協会では「不明」と回答したものだと思われます。

 

ただ、さすがにこれだけでは何も検証になっていないので、信頼できる他の情報を探してみました。

 

信用情報機関の情報を調べてみた

日本クレジット協会での回答にもあった通り、クレジットカードや住宅ローンの審査時には信用情報機関というところに登録してある情報を確認されます。

 

つまり、クレジットカード会社や住宅ローンを貸し付けする銀行は、この信用情報機関に登録されている情報と申し込みの際に自分で記入した情報でしか判断できないということになります。

 

そのことから、信用情報機関に登録されている情報または自分で申込時に入力した情報の中に「クレジットカードの保有枚数」が無ければ、クレジットカード会社や銀行はその情報を知るすべはありません。

 

ということで、信用情報機関に登録されている私の情報を取り寄せてみました。(手数料1,000円程で簡単に取り寄せが出来ます)

 

 

その結果…

 

「クレジット情報」という資料が、保有するクレジットカードの枚数分ありました。

 

そのため、クレジットカードの保有枚数は、信用情報で調べようと思えば調べられるということが分かりました。

 

保有するクレジットカードの枚数が分かることから、100%審査に影響しないかと言ったらこの時点では分かりませんが、審査に影響する可能性が低いと判断できる材料が見つかりましたのでご紹介します。

 

国土交通省の資料を調べてみた

国土交通省では、住宅ローンの基準について、各銀行にどのような項目を審査項目にしているのか調査をしています。

 

民間住宅ローンの実態に関する調査報告書」という資料で信頼度も高いため、こちらの資料で検証をしてみました。

 

下の表は平成29年度の資料になるのですが、「融資を行う際に考慮する項目」として、何%の調査対象機関が項目に入れているかのまとめになります。

 

実際の資料では、平成27年、平成27年の調査結果とともに棒グラフで示されていますが、その資料の平成29年度の調査結果のみを抜粋してまとめています。

 

融資を行う際に考慮する項目

 

データを見てみると、90%以上の調査機関で審査項目としている内容は以下の項目でした。

 

完済時年齢 (97.2%)
健康状態 (95.7%)
借入時年齢 (95.6%)
担保評価 (95.5%)
融資可能額(融資率)A借換えの場合 (94.4%)
年収 (93.6%)
連帯保証 (92.8%)
勤続年数 (92.7%)

 

表の中には、「クレジットカードの保有枚数」という明確な項目は無いですが、もし審査項目にあったとしても「その他(5.2%)」に含まれることになります。

 

結論

ポイ活でのクレジットカードの作りすぎは危険?影響を検証してみた_結論

クレジットカードの保有枚数は、クレジットカード会社や銀行が信用情報機関より情報を参照することで調べることが可能ですが、国土交通省の「民間住宅ローンの実態に関する調査報告書」より、クレジットカードの保有枚数は、住宅ローンの審査基準として重要視はされていないだろうと推測ができます。

 

国土交通省の資料は、住宅ローンに関する調査であり、クレジットカードの審査項目についての調査結果ではありませんが、個人の信用を元に審査をしている点では似ている為、クレジットカードの審査でも似たような内容が審査されていると想定できます。

 

まとめ

クレジットカードの審査、住宅ローンの審査それぞれにおいて、クレジットカードを作りすぎてしまって審査に落ちるといったことは考えにくいという結果になりました。
審査に通りにくいと感じたときは、クレジットカードの保有枚数の影響よりも、年収や勤続年数や公共料金の支払いの延滞(携帯電話の料金なども)の影響の方が大きい可能性の方が高いでしょう。

 

クレジットカードの審査になかなか通らないときには、審査が比較的甘いクレジットカードを保有して、良質なクレジットヒストリーを作っていくのも良いかと思います。
クレジットカードの審査が比較的甘いクレジットカードをいくつかご紹介しておきますので、ご参考にしてみて下さい。

 

◆楽天カード


 

楽天カードはCMもかなりやっているため、認知度もかなり高いクレジットカードの1つです。
審査基準も甘く、クレジットカードを作る際の面倒な手続きも省略されているため、ストレスなくクレジットカードを持つことが出来ます。
入会費や年会費も完全無料にも関わらず、ポイント還元率もクレジットカードの中でもトップクラスで、クレジットヒストリーを作るという目的以外にも活躍する1枚です。

 

◆イオンカード

 

公式ページには、「18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方ならお申込みいただけます」と記載されていることからも、審査基準が低いことが分かります。
イオンカードの魅力はそれだけではなく、私の場合は、イオンクレジットを持っていればイオン銀行の金利が0.1%に上がることも魅力で応募をしました。

 

年会費ももちろん永年無料です。

 

カードのデザインもディズニーデザインのものがあったりとデザイン性にも優れているクレジットカードです。

TOPへ