女性におすすめ!化粧品モニターでお小遣いゲット!

女性におすすめ!化粧品モニターでお小遣いゲット!

化粧品モニターで高額お小遣いゲット!

高額なバイトといったら「治験」と思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
(治験は、本当は有償ボランティアなのですが…)

 

でも、治験はなんだか怖い…そんな方におすすめなのが化粧品のモニターです。

 

化粧品も医薬品と似ていて、その有効性安全性についてしっかりと検証したうえで販売されています。

 

この化粧品の有効性や安全性を検証することを、臨床試験と呼びます。

 

臨床研究と臨床試験と治験の違い

 

ヒトを対象に有効性や安全性を調べるという意味では、治験と似ていますが、治験は薬や医療機器を使うことから厳しい基準があり、応募をすれば誰でも参加できるというものではありません。

 

一方、化粧品や健康食品については、薬や医療機器よりは副作用も少なかったり弱い場合がほとんどなため、治験ほど厳しい基準では決まっていません。

 

治験に何回も参加しているけど、落ちてしまって参加できない方や、少しでも副作用などのリスクを減らしたいと思っている方には、化粧品や健康食品のモニターをおすすめします。

 

今回は、化粧品についてのお話なので、健康食品については別記事にまとめるとして、化粧品のお話をしていきます。

 

化粧品モニターの負担軽減費はどれくらい?

では、実際に化粧品のモニターではどれくらいの負担軽減費が貰えるのでしょうか。

 

実際に掲載されている化粧品モニターの募集を見ていきましょう。

 

化粧品_臨床試験

 

上記は一例なので、色々なパターンがあるかと思いますが、イメージとしては、事前検査から本試験まで全て参加できた場合は、8,000〜30,000円程度で平均は15,000円程になる場合が多くなります。

 

化粧品のモニターの場合、医薬品や医療機器に対して行われる治験と違い、採血が無い場合がほとんどです。

 

医薬品や医療機器の治験の場合、嫌でも付いて回る注射ですが、化粧品の案件にはそれがほとんどの案件で無いといったことも大きなメリットになります。

 

知っておいて損は無し!

先ほどの表には記載していませんが、忘れてはいけないことが何個かあります。

 

まず1つ目は参加時間のこと。
これも、その案件によって様々なのですが、短いもので1回の来院あたり30分程度、長いものだと1時間程度になります。

 

当然、短時間でパッと終わるものは人気がありますが、もしそういう案件の募集が埋まっていなかったら積極的に応募してみるのも良いでしょう。

 

そして、2つ目は交通費のこと。

 

交通費は、まず貰えないと思って下さい。

 

正確に言うと、みなさんが治験や臨床試験に参加したときの交通費は「負担軽減費」に含まれるのです。

 

というよりも、「負担軽減費」とは、本来、ボランティアとして参加してくれているモニターに対しての負担を軽減するもので、この「負担」というのには、「通院すること(つまり交通費も)」や「昼食代の負担」なども含まれています。

 

次の項目では、化粧品モニターに参加するための手順や上の表についての細かいところを1つずつ説明をしていきたいと思います。

 

>>続きへ

 

【化粧品のモニターの応募をしているサイト】

◆VOB(ボランティアバンク)



 

株式会社ヒューマが運営・管理している治験募集サイトです。

 

平成14年から運営されており、会員数は50万人以上、案件数も通算で4,000件を超えており、日経新聞や健康産業新聞など新聞記事としても300件以上取り上げられている実績があります。

 

キティちゃんをイメージキャラクターとして治験の啓発活動をしているのにも親しみが持てます!

 

◆JCVN


 

株式会社パシフィックグローブが運営・管理をしている治験募集サイトの大手です。

 

取引先の製薬会社などは50社以上にものぼり、案件も豊富にあり、女性を対象とした案件もよく掲載されています。

 

特に東京、神奈川、埼玉、千葉あたりの案件が多い印象ですが、全国的に治験募集が網羅されており、おススメです。

 

このJCVNでの治験の探し方についての記事もご用意しておりますので、ご参考にご紹介しておきます。
JCVN, 治験, 会場、説明会★JCVNでの女性の治験募集の探し方まとめ


TOPへ